ゴマに含まれるセサミンは手軽に野菜不足の代用に

カラダにいい成分があるとすぐ健康食品として商品が販売されて、食事で摂らなくてもサプリメントで補えばいいような風潮がありますが、それは最悪の場合であり、本来は食事で栄養を摂りたいです。

サプリメントなどでゴマのセサミンが話題となっています。セサミンはゴマに含まれる抗酸化物質です。抗酸化物質の効果は老化や肌トラブルの原因といわれている酸化からカラダを守ってくれる成分です。また、悪玉コレステロールを増やさないようにしてくれるので動脈硬化などからも守ってくれます。

カラダやお肌が老化していくのは、酸素のせいなのです。食べ物が腐るのも酸化が原因になるのです。人間の細胞も酸化してそれが原因で病気を引き起こしたりします。ですから酸化を食い止めるために抗酸化物質をカラダに取り入れることで老化や病気からカラダをまもらなければならないのです。

そのために、抗酸化成分が含まれる食材の一つとしてゴマがあるのです。

セサミンは体内に吸収されて初めて効果を発揮します。抗酸化成分はコエンザイムQ10やポリフェノールなどいろいろありますが、ほとんどは水溶性のものが多く、体内で血液の中で溶けてしまうといいます。ゴマに含まれるセサミンは途中で溶けず肝臓まで届くので、肝臓を守る働きもあるようです。

日々の生活でゴマを食べることって少ないですよね。1日の目安摂取量が約10㎎といわれています。ゴマは特に味もなく香りが高いので、いろんなものに振りかけて食べると毎日摂取することができます。
ほうれん草や冷奴など何にかけても味をジャマしないのでお勧めです。ほかには胡麻ドレッシングだとか、ゴマだれなどで摂取できます。ゴマこそ意識しないと何年も食べないってことがありますね。

やはり野菜不足の人は野菜以外でも、カラダに必要な成分を取ることはできますので、せめて数種類の食材を摂るようにしたいです。
食事を1品にしないように、なるべく何種類もの食材が入っているものを選べば、バランスよく野菜やそれに代用するものをカラダに取り入れることができます。

SEO対策会社を大阪で選ぶ

大阪の債務整理相談所

歯科開業に準備するものとは

人気最新中古釣具なら定価の60%で買取いたします!

リンク